私立小学校の試験対策

私立小学校の試験対策

私立小学校により、試験内容は様々ですので、まずその学校がどういった試験を採用しているかによって対策すべきことが異なることを理解しておく必要があります。

 

私立小学校の試験には次のような種類があります。

 

・「ペーパーテスト」
○をつけたりするなどの比較的簡単な内容のものもあれば、数の概念や計算式、図形の組立といった複雑なものもあります。
特に難関校と呼ばれるような学校では、ペーパーテストを採用していることが多いです。ペーパーテストの内容は、各学校により出題する傾向が異なりますので、問題集などが用意されている学校では、積極的に活用しましょう。
出題傾向を把握できることもあり、比較的試験対策がしやすいとも言えます。

 

・「個別試験」
受験する児童と、担当教師との対話形式で行われる試験です。
小学校入試での個別試験では、自分の思ったことや考えたことをしっかりと伝えられることが大切です。すぐには身につけられないことですので、普段から気持ちを言葉に表せるよう練習しておきたいですね。

 

・「行動観察」
小学校受験で集まった児童をいくつかのグループに分けて遊ばせることで、集団の中でのその子の特性を試験します。1つの遊びに対してグループの中で、どのように協力したり相談しながら進めていくかをテストする場合もあります。

 

・「運動試験」
基本的な運動能力が試される試験です。
代表的なものとしては、ケンパーやスキップ、くま歩きなどです。また、でんぐり返しや鉄棒など、ある程度、練習を重ねなければならない運動を出題する学校もあります。
この試験では、指示を聞いて正しく行動できるかという運動以外の試験として取り入れられる場合もあります。

 

・「記憶試験」
お話を聞かせたり、絵を見せた後に、その内容がどうだったかを問われる試験です。
話の途中でよそ見をしたり、話に集中できないと答えることができませんので、聞く力も必要になります。
ご家庭で普段から、絵本の読み聞かせをした後に質問をしたり、話をしたことがきちんと想像できているかどうか確認をして練習をしてみましょう。

 

以上が一般的な試験内容で、私立小学校受験ではいくつかの試験を組み合わせて行われることがほとんどです。

 

中には、ペーパーテストがない学校もあります。
一見受験が容易なように感じますが、ペーパーテストとは違い合否基準が見えにくいため、幅広い対策が必要です。
どのような出題にも対応できるようにいろいろなことに取り組ませておくようにしましょう。

私立小学校の試験対策関連ページ

国立付属小学校の受験について
国立付属小学校の受験についてをご紹介しております。
国立付属小学校が求めるもの
国立付属小学校が求めるものをご紹介しております。
国立付属小学校の受験準備
国立付属小学校の受験準備をご紹介しております。
国立付属小学校の試験対策
国立付属小学校の試験対策をご紹介しております。
志望校選びについて
志望校選びについてをご紹介しております。
志望校選びでの注意点
志望校選びでの注意点をご紹介しております。
私立小学校の受験について
私立小学校の受験についてをご紹介しております。
私立小学校が求めるもの
私立小学校が求めるものをご紹介しております。
私立小学校の受験準備
私立小学校の受験準備をご紹介しております。
幼児教室の選び方
幼児教室の選び方をご紹介しております。
小学校受験の準備期間
小学校受験の準備期間をご紹介しております。
小学校受験までにかかるお金
小学校受験までにかかるお金をご紹介しております。
入学後に必要なお金
入学後に必要なお金をご紹介しております。
学校説明会のポイント
学校説明会のポイントをご紹介しております。
親の心構え
親の心構えをご紹介しております。
家庭学習のポイント
家庭学習のポイントをご紹介しております。
家庭内での受験対策
家庭内での受験対策をご紹介しております。
親の気質が合格のカギ
親の気質が合格のカギをご紹介しております。
模擬テストの活用法
模擬テストの活用法をご紹介しております。
面接試験について
面接試験についてをご紹介しております。
保護者面接について
保護者面接についてをご紹介しております。
子供の面接試験対策
子供の面接試験対策をご紹介しております。
挨拶の重要性
挨拶の重要性をご紹介しております。
願書の書き方のポイント
願書の書き方のポイントをご紹介しております。
休息時間を忘れずに
休息時間を忘れずにをご紹介しております。
小学校受験の疑問
小学校受験の疑問をご紹介しております。
講習会を利用する
講習会を利用するをご紹介しております。
合格する子の傾向
合格する子の傾向をご紹介しております。