入学後に必要なお金

入学後に必要なお金

小学校受験を終え、見事合格を手にすると、いよいよ小学校への入学ですね。
ここでも小学校受験までにかかる費用と同じように、様々な費用が必要となります。
小学校入学に際して必要となる費用としては、次のようなものが一般的です。

 

・入学金
・施設費
・教材費
・授業料
・給食費
・冷暖房費
・後援会費

 

このように列挙することで、小学校で学習をするために必要なこと、準備しなければならないが費用が見えてきます。
これらを含めて私立小学校と国立付属小学校とで比較してみると、入学初年度に必要となる費用は、私立小学校で100万円前後、国立付属小学校で10万〜30万円前後となっています。

 

また、私立小学校では、小学校受験に合格して入学をする家庭に対して「寄付金」や「学校債」を募るケースが多いので、合わせて考えておく必要があります。
複数口を基本とするのが主流で、20万円〜30万円程度が必要となるようです。

 

国立付属小学校の場合は、私立小学校に比べると費用は抑えられています。
しかし、公立小学校と比較すると、決して安いものではありません。
入学後に必要となるお金に関しては、私立小学校同様に考えておく必要があるでしょう。
それから、複数の小学校を受験される場合、注意しておきたいのが「返納制度」です。
合格発表日が小学校により異なることもあるため、結果的に幾つもの小学校に合格してしまうということも考えられます。その場合であっても、先に合格をした学校の入学手続きを行わなければなりません。後に希望する小学校に合格した場合、先の小学校に入学しない場合でも支払わなくてはいけないケースがあることを理解しておきましょう。
小学校によっては、「返納制度」を設けている学校もあります。入学手続きの際に払ったお金が戻ってきまので、返納制度があるのか、あるとしたらどこまでが返還対象になるのかをきちんと確認して、それを含めて十分検討しなくてはならないでしょう。

入学後に必要なお金関連ページ

国立付属小学校の受験について
国立付属小学校の受験についてをご紹介しております。
国立付属小学校が求めるもの
国立付属小学校が求めるものをご紹介しております。
国立付属小学校の受験準備
国立付属小学校の受験準備をご紹介しております。
国立付属小学校の試験対策
国立付属小学校の試験対策をご紹介しております。
志望校選びについて
志望校選びについてをご紹介しております。
志望校選びでの注意点
志望校選びでの注意点をご紹介しております。
私立小学校の受験について
私立小学校の受験についてをご紹介しております。
私立小学校が求めるもの
私立小学校が求めるものをご紹介しております。
私立小学校の受験準備
私立小学校の受験準備をご紹介しております。
私立小学校の試験対策
私立小学校の試験対策をご紹介しております。
幼児教室の選び方
幼児教室の選び方をご紹介しております。
小学校受験の準備期間
小学校受験の準備期間をご紹介しております。
小学校受験までにかかるお金
小学校受験までにかかるお金をご紹介しております。
学校説明会のポイント
学校説明会のポイントをご紹介しております。
親の心構え
親の心構えをご紹介しております。
家庭学習のポイント
家庭学習のポイントをご紹介しております。
家庭内での受験対策
家庭内での受験対策をご紹介しております。
親の気質が合格のカギ
親の気質が合格のカギをご紹介しております。
模擬テストの活用法
模擬テストの活用法をご紹介しております。
面接試験について
面接試験についてをご紹介しております。
保護者面接について
保護者面接についてをご紹介しております。
子供の面接試験対策
子供の面接試験対策をご紹介しております。
挨拶の重要性
挨拶の重要性をご紹介しております。
願書の書き方のポイント
願書の書き方のポイントをご紹介しております。
休息時間を忘れずに
休息時間を忘れずにをご紹介しております。
小学校受験の疑問
小学校受験の疑問をご紹介しております。
講習会を利用する
講習会を利用するをご紹介しております。
合格する子の傾向
合格する子の傾向をご紹介しております。